ホーム > スタッフブログ / 靴工房106

スタッフブログ / 靴工房106

謹賀新年

明けましておめでとうございます。
今年はどんな年になるのかな・・・・。
年末に改装を終えて今年は今まで以上にやる気満々です!!
今年も宜しくお願い致します。

年始は1月7日(水曜日)からの営業になります。
皆様のご来店お待ちしております。


 

冬支度。

また久々のブログ更新になってしまいました。

冬ですよ冬!!
わたくし、冬が大好きなんですよ〜。
ここ最近はシーズンに数回しか行けてませんが
スノーボードが大好きでして、店を始める前は毎週1人でも行ってました。
友達と行くこともあるのですが、毎週付き合ってくれる方はそうはいないようで(^_^;)。
今シーズンはインストラクターの資格取得に向けて仕事に影響しない程度に雪山に通えたらと企んでいますが・・・。
ちなみに、わたくしのスノーボードのブーツのソールはビブラムです。

DSC01604.JPG
歩くのはほとんど雪の上なので歩いた感想は・・・・・特にないんですけどね(笑)

たしか、写真は無いのですが、先シーズンだったかその前だったか忘れましたが
レッドウィングもバートンとのコラボでスノーボードのブーツを出していたような・・・・・曖昧な記憶ですが。
色々なもの出すなと思った出来事でした。

それに冬はおしゃれできますからね~。
私はあまりオシャレと呼べるほどオシャレさんではありませんが
レッドウィングなどのブーツも履けるし、やっぱり冬は好きです。

寒くなってくるとレッドウィングのソール交換等はとても多くなってきます。
そうなると納期も少しかかってしまいます。
特に年内に店の改装を計画していますので
その前後にお預かりするものに関しては通常よりも納期をいただくことになると思います。
なので、ブーツなどのシーズンの限られた靴などのお直しはお早めにご相談いただければと思います。

さて、明日も頑張るぞ~!!

ご来店お待ちしております。


 

突然の雨で靴にシミができたら・・・。

毎日毎日変な天気が続いていますね。
しかも、超巨大な台風が接近しています。
皆さん気を付けてください。

ところで、最近よく突然雨が降ることありますね。
先日、突然雨が降ってきて女性の方が店の前で靴を脱いで裸足で歩いて帰る光景を見ました。
シミになったら大変という発想からなのでしょうか。
もちろん濡らさなければシミにはなりませんね(^_^;)
でも道路には何があるかわからないので危ないですよ。
それに、本来足の保護を目的としている靴本来のあり方ではないような・・・・。
シミ・・・・確かにできたら残ってしまうものもあると思います。
でも、それはその対処次第でだいぶ変わります。

雨に濡れてつま先の方だけ濡れてシミになってしまったとか、
小指あたりの所にだけ雨水がしみてしまった等、部分的にシミになってしまった場合
多くの方は「大変だ、早く乾かさなきゃ!」って思うと思います。
いやいや、慌てなくていいですよ(*^_^*)
そんな時は思い切って靴を全部濡らしてください。
別にバケツに水をためてバシャって浸す必要はありません。
水を絞り切っていないようなタオルで軽くふくように革を湿らせたり
霧吹きみたいなもので靴全体に水を付けて全体を濡らすだけでいいです。
で、その後は風通しの良い所で乾かしてください。
それだけで変なシミは残りづらいはずです。
もちろん、その後はクリーム等を塗ってお手入れはしてあげてください。

革いた時に塩を噴いてしまうことがあります。
その時にペースト状の汚れ落とを使っても消えないことがほとんどです。
そんな時はモウブレイのステインリムーバー(60ml ¥648-)で落としてみてください。
結構きれいに取れますよ(*^_^*)
 

resources-shoecare_3020[1].jpg
水性の汚れ落としを使ったことない方は一度お試しください。
当店でも取り扱いしておりますのでお気軽にお問い合わせください。



 

講習会

19日20日と講習会に行ってきました。
今回はコバの仕上げと型紙の講習会に参加してきました。
いやー、勉強になりました。

コバとは革を切った断面の事で、そこに仕上げの材料を塗って磨きこむのですが
仕上げ方は人それぞれ、やり方も多々あります。
靴とカバンとでは仕上げ方も全く違います。
本当い奥が深いです。

今回、久々に講習会に参加しましたが
作ると言う事はいつまでも勉強は必要なんだなと痛感しました。
また講習があれば参加しようと思ってます。

その時はまた臨時休業させて頂いちゃうかもしれませんが
ご迷惑をかけた分、今まで以上にしっかりときれいに仕上げて
お預かりのカバンや靴をお渡しできるように頑張ります!

※今回の講習はフェニックスさんで扱っている材料がメインでした。

アロマサロン「teatree」 オープン

写真.JPGimageTT.jpeg

少し遅くなってしまいましたが、
友人のNAKOさんが川口駅西口にアロマサロン「teatree」をオープンしました。
http://teatree-aroma.jimdo.com/


基本は女性限定ですが、
1度いらしていただいた方の旦那様や身内の方で身分の明らかな方のみ男性でも歓迎しますとのことです。
ブログもやってまして、なかなか面白い男女問わず楽しめる内容のブログを書いてますので、良かったら覗いてみてください。
http://ameblo.jp/teatree-salon


 

ビブラム♯4014 黒

またひさびさのブログ更新になってしまいました(^_^;)。

ひさびさと言う事でまたレッドウィングのお直しです。
アイリッシュセッターがお持ちいただくブーツではやはり一番多いのですが
ソール交換はやはり同じようなデザインのビブラム♯4014 ボブソールと呼ばれている
白色のソールを付ける方が多いです。
しかし、このソール実は黒もあります。
意外とつける方は少ないですが、付けてみるとこれがまたなかなか格良いのです!

DSC02992.JPG

 

そして、実は黄色、緑、青、赤等のカラフルなものもあります。

マーブルケーキみたいに白ベースに他の色が混ざっているようなカラーもあります。

あまり人がやってない仕様で仕上げたいという方は遠慮なくご相談ください。

 

ウエスタンブーツ 

ひさびさのブログ更新になってしまいました。
今日はSANCHOというブランドのウエスタンブーツです。
とても履きこんだブーツでした。
ライニングという裏の革が結構痛んでおりました。
底自体もかなり履きこんでいてすべて交換しないといけない状態でした。


DSC02934.JPG

破けてしまっていました。
革も色あせてしまっているじょうたいでしたので
裏の革を直し、本底交換(オールソール交換)をして
アッパーのお手入れをして完成しました。

DSC02948.JPGDSC02944.JPG

完成!!

革はお手入れしてあげれば長くつきあえるものです。
ウエスタンブーツやワークブーツ等は履いてお手入れしていくと
とてもいい雰囲気を持ってきます。
これでこのウエスタンブーツも生き返って
また長く履いてほしいですね(*^_^*)。

謹賀新年

あけましておめでとうございます。
今年も皆様にとって素敵な一年になりますように・・・・・。

今年は1月5日(日曜日)より通常営業いたします。

 

つま先修理。

 

ブログにアップする為に写真を撮るのですが
修理前を撮って・・・・・修理後の写真を撮り忘れ
この修理面白いからブログに書こうかなと思っていると・・・・・修理前を撮り忘れ
何ともドジな私です(^_^;)。

今日はつま先の修理です。
この靴はあまり先がとんがっていませんが、
つま先のとんがった靴ほど、先の痛み方が激しい気がします。
そんな時に施す修理です。
つま先だけゴムを貼ったりすることもありますが
今回は補強の意味も込めて底の前半分を滑り止めのゴムを貼って修理しました。
この靴は底全体がかなり丸みを帯びている底だったので少し苦労しました。

つま先がちょいと減りすぎちゃいました(修理前)

DSC02773.JPG

で、これを元のように革を足して一度直して(修理途中)・・・↓

DSC02780.JPG

で、今回はゴム半張り(ハーフラバー)で完成↓

 

DSC02781.JPGDSC02783.JPG

これでまだまだ履けます!!

諦める前に一度ご相談ください。

さて、明日も頑張るか!

本日も沢山のお客様にご来店いただき本当にありがとうございました。

明日もご来店お待ちしております。

レッドウィング アイリッシュセッター・・・・・ベックマン風?!

寒くなりましたね~。
本格的いブーツの時機到来です。

今日、別のリペアの事を書く予定だったのですが、写真の整理をしていたら
少し前にやった修理の写真があってなかなか格好良かったのでちょいと今日はこちらをご紹介。

皆さんご存知のレッドウィングアイリッシュセッター。
これをレッドウィングのベックマン風に仕上げてほしいとのご依頼。
元は白いボブソールと言われているソールがついていましたが、
お客様のご希望でベックマン風にと言うご要望に応えて
カスタムしてみました。靴自体の基本構造は若干違うのですが
きちんとカスタムすれば全然問題なしです!!かなり格好いいですよ。
よく考えると意外とありそうであまりやったことない仕様だなと。
他店では沢山あるのかどうか・・・・わかりません(^_^;)。
あっ、うちの店での話です。で、仕上がった写真がこれ

DSC02508.JPG


外見はダブルと呼ばれている踵の後ろの方まで出し縫いの糸(写真の白糸)があるかどうかの違いです。
中身は結構違いますがソールを貼るとわからないので詳しくはまた今度(*^_^*)。
ちなみにベックマンのオールソール交換はこちら

DSC02395.JPG


まだソールまわりのコバの仕上げ前の写真なのですが・・・・
踵の所の縫い糸の有無がわかりますか?
こちらは途中までしか出し縫いの糸が無いシングルと呼ばれているつくりです。
カスタムはソールを取って新しく付け替えればいいと言うような簡単な作業ではないことが多いです。
なので時間をいただいていますのでご了承ください。

※通常のオールソール交換につきましては11月中受付したものに関しては
年内に納めさせていただく予定ですが、都合により来年納品になることがございますので
オールソール交換をお考えのお客様はお早めにお持ちいただければと思います。

こんな話をしていたら僕も今日はベックマンで出かけたくなりました(*^_^*)
皆様、寒さも厳しくなってきましたので風邪ひかないように(^_^)/


 

« PREV 1  2  3  4  5  6  7