ホーム > スタッフブログ / 靴工房106

スタッフブログ / 靴工房106

ウエスタンブーツ オールソール交換(中底交換+リウエルト)

少し前にウエスタンブーツが持ち込まれました。
正直、ヘビー級の傷み具合(^_^;)。
お気に入りの靴で、他店に持ち込んだようですが、お断りされて当店へいらしてくださいました。
大変ですが、もちろん直りますよ〜(^v^)。

持ち込まれた状態がこちら
DSC03444.JPG

まあ、これを見ただけではわからないと思いますが、底をはがした状態がこちら

DSC03457.JPG DSC03454.JPG

想像以上に痛んでました(^_^;)
これは中底も交換しないと・・・・・・・しかも、アッパーの革も固くなっていて変な癖がついてる・・・・。
でも、お客様のお気に入りの靴ですから、やはりもう一度生まれ変わらせてあげたい!!
と言う事で、中底を変えてウエルトを巻きなおして・・・・・頑張っている私の一コマがこちら(^_^;)

DSC03513.JPG

いわゆる掬い縫いという、ウエルトを縫い付ける作業をしております。
ここから、革底を付けて縫い合わせて、ヒール付けて・・・・完成した靴がこちら。

DSC03527.JPG

いやー、大変でしたが復活しましたよ(^^)v。
どんなに痛んでいても直りますよ。
ただ、かなり高額になることもありますので、その時は直すか諦めるかご検討ください。
あまりに高くなすようだったら、新しい靴を買うという選択肢も出てきますからね。
ご相談だけでもかまいませんので遠慮なくご来店ください。

明日もがんばるぞー!!





 

BILTLITE(ビルトライト) CAT❜S PAW(キャッツ・ポウ) 入荷

BILTLITE(ビルトライト) ハーフソール、ヒール  
CAT'S PAW(キャッツ・ポウ) ヒール 
入荷しました。
他店ではあまり扱いのないソールとヒールです。
 

DSC03862.JPG

サイズはそれぞれ2サイズです。
靴の大きさによっては付けられない物もあると思いますのでご了承ください。

厚さ
  ビルトライト ハーフソール  7ミリ
              ヒール      24ミリ

     キャッツポウ ヒール  12ミリ

そろそろ交換時期の方。気分を変えて付けてみてはいかがですか〜(^v^)

ALDEN ゴルフシューズ

ちょいと珍しい靴が持ち込まれました。
オールデンのゴルフシューズです。
出してるんですね、ゴルフシューズ。
私ゴルフはやらないので正直知りませんでした(^_^;)。
なんだか、とても安く購入できたので
ソールを張り替えて普段でも使える靴にしたいとご来店くださいました。
お客様のご要望をお伺いして、底材料のカタログを見ながら検討しまして。
仕上がった靴がこちら

DSC03638.JPGDSC03639.JPG

レザーソール + ビブラム#705 +ビブラム#700ヒール

もちろん中のコルク等も入れ替えてあります。

めちゃめちゃ格好いいです!!
どのような仕様にするか話をしているときに、その他色々と案は出たのですが
長い時間かけてお話をして決めた甲斐がありました。

カスタムしたいという方は結構いると思うんですが
どんな底材料があるのか、どんな仕様が格好いいか等・・・・わからない方がも多いと思います。
もちろん好みもあると思うので、今までやったカスタムのお話も交えて
お客様の希望にそった提案をさせていただきますので遠慮なくご相談ください(^v^)
しかし、みなさん本当に素敵な靴をお持ちですね。うらやましい限りです。
でも、そんな靴たちのお直しができて私も毎日楽しく仕事をさせていただいております。
本当にありがとうございます。

明日からまた頑張るぞー!!





 

液体クリームは注意ですよ。

ここ数日、暑さも落ち着いて朝夕は過ごしやすい日が続いていますね。
夏が苦手な私には早く涼しくなって・・・・・雪が降ってくれないかなと願うばかりです。

暑い時はサンダルを履くことが多いと思いますが、これから涼しくなってくると靴を履く時期になりますね。
以前も少し書いたことありますが、みなさん靴のお手入れはしているでしょうか?
お手入れをするクリームはお持ちですか?
お手入れには靴クリームが必要になるのですが、
靴屋さんにクリームを買いに行ってどんなクリームを勧められますか?
自分で選ぼうにもメーカーや種類も沢山あってわからないですよね。
革の種類によっては、あまりお勧めできないクリームもあります。

今回は使い方を間違えると大変なことになる液体クリームについてお話します。
某メーカーから出ている液体のクリーム。
裏には一応「乳化性」という文字が・・・・・しかし、クリームというより樹脂が液体になったような感じです。
詳しい成分はよくわかりませんが、塗り続けるとかなり悲惨な状態になります。
最終的には修復不可能になる可能性もあります。
塗り続けた靴の表面がこちら  ↓

DSC03601.JPG DSC03597.JPG

左の黒い靴の表面が凸凹しているのわかりますか?
右は何だかツートンカラーみたいになっています。
はい、これが液体クリームを塗り続けた末路です。
メーカーの方曰く、
「毎回、もしくは2~3回に一度は必ず汚れ(古いクリーム)を落として使わないとダメ」と言う事です。
買う時に店員さんから何の説明も受けていないと思いますので、
みなさんこいつを塗り続ける方が多いようです。
この液体クリーム、毎回汚れを落とす作業をすれば安心して使えるかというと・・・・・・・・私としてはあまりお勧めはしません。
コロンブス、モウブレイ、コロニル、サフィール、kiwi・・・・等々
色々なメーカーがありますが、どこが良いとか悪いとかは人それぞれ違いますのでここではあえて触れませんが
1つ言うとしたら、液体クリームはあまり使わない方が良いかなと。
それと、革によっては使うクリームの種類が全く違います。
もちろん、かなりいろいろな種類の革に対応できるような物もありますが
一つあればどんな革でも対応できるかというと絶対にそんなことはありません。
なので、クリームを購入する際は必ずお店で話を聞いてから購入してくださいね。
そして、詳しい革の種類も聞かずにクリームを売るようなお店で買う時は気を付けてくださいね。

話は戻りますが、きれいに落とした状態、もともとの革の姿がこちら

DSC03696.JPG DSC03692.JPG

いかがですか?綺麗でしょ?これが上にある写真の本当の姿です。
ここまで綺麗にするのは本当に苦労します。
苦労した甲斐があって綺麗になりました!良かった良かった(^v^)

お手入れ等、もしわからないことがあればに靴をお持ちになっていつでもご相談ください。
クリームをお持ちならわざわざ買う必要もないし、当店にお手入れで靴を出す必要もありませんからね。
靴の話は大好きなので、ご相談だけでも構いませんので遠慮なくお店にいらしてくださいね(^v^)。

そー言えば、最近自分の靴を磨いてないな・・・・。
たまには磨かないとですね。

さて明日も頑張るぞー!!







 

ワラーチ(仮製作)

いやー、まいにち毎日暑い日が続きますね。
私、夏は大の苦手でして、この時期は冬までの充電時期と
言う事でおとなしく過ごしております。

我が家には現在小学5年生になる姫様がいまして
このくらいの子供たちは成長が早くてすぐに靴が履けなくなってしまいます。
以前購入したビルケンのサンダルが履けなくなってしまったので
つい先日ワラーチというサンダルを作ってみました。

とりあえずサイズを合わせないといけないので仮で作ったものなので
かなり雑で細かい処理はしていません(^_^;)。
夏が終わる前にちゃんと作ろうと思っています。
IMG_1720.JPGIMG_1722.JPG

今回は仮作成の為、ナイロンのヒモを使っています。
いろいろと調べると、真田紐という紐がなかなか良いらしいです。
「ワラーチ」 結構簡単に出来るので皆さんも作ってみてはいかがでしょうか?


 

良い靴?

さてさて、最近お客様による聞かれる質問があります。
「どんなメーカーの靴が良いですか?」
「良い靴ってどんなメーカーがありますか?」
という質問・・・・・。
紳士靴で有名所と言えば・・・エドワードグリーン、オールデン、ジョンロブ、ベルルッティー、チャーチ、サントーニ・・・ホワイツ、ウエスコ、レッドウィング、ダナー・・・・・・・等々
婦人靴ですと・・・・クリスチャンルブタン、ジミーチュウ、フェラガモ、マノロ ブラニク、プラダ・・・・・・
ナイキ、アディダス、アシックス、ニューバランス、コンバース、等のスニーカーもありますね
書きだすときりがありません。
あくまで僕が今考えて思いついた有名かなと思われる靴メーカーです。

で、良い靴・・・・
デザインがかっこいい靴?
アッパーにデュプイ等の最高級革を使っている靴?
オールハンドメイドの靴?
履きやすい靴?

どれも良い靴だと思いますよ。もちろん上に書いたメーカーもどれも素敵な靴だと思います。
人それぞれ、年齢や性別、職業によって求めているものが違います。
だから・・・・・・皆さんが選んだ靴が一番いい靴なんだと思います。
だって、その靴を買う時に、その靴の何かに魅かれて買ったと思うんです。
靴を購入するときに皆さん何かを気にして買いませんか?
さっき書いたようなカッコイイ靴だったり履きやすい靴だったり。
ただ、その中でも人それぞれ優先順位ってありますよね。
それは人それぞれみんな違いますから。
だから、僕は皆さんが選んだ靴が一番いい靴なんだと思います(*^_^*)
そんな皆様の大事な一足をずっと長く履き続ける事ができるよう考えながらいつもリペアしています(^v^)。

何だか、長々とオチのない話をしてしまいました(^_^;)。

ちなみに、最近の私のお気に入りの靴はこちらです。
トリッペン
購入したのはずいぶん昔・・・・・10年くらい前かな!?。
ずいぶん履かなかったのですが、
最近、結構履く機会が増えました。
もちろんお手入れはきちんとしてますので革は元気ですよ〜(^^)v
ということで、明日も皆様の大事な靴を頑張って綺麗にしたいと思います!!

IMG_1696.JPG



 

手作り靴工房 巻田工房 研修生

今週月曜日〜金曜日まで、フルハンドメイドの靴つくりを学べる巻田工房から研修生が来ました。
研修生と言っても、現在工房で靴を作りながら某靴修理店にて働いている
現役の女性職人さんです。
今働いている店舗以外お仕事も見てみたいと言う事で当店にお手伝いに来てくれました。
女性ですがとても頑張り屋さんの彼女。4日間でしたがとても助かりました。
今はバイトを募集していませんが、もし機会があればぜひうちで働いてほしいなと思うような職人さんでした。

で、彼女のお兄さんが所有しているスパイクを普通に履けるようにしたいのだけど
色々と他のリペアショップに持って行って相談したのですが、
ほとんどの店で、底に一枚ゴムを付けるだけの仕上げ案しか出なかったようです。
で、どんなふうに仕上げるやり方があるか相談されました。
底に一枚ゴム(本底)を張るか・・・・・・いやいや、それではいまいち格好がよくないのでは?
って私は思いまして他の案を提案しました。

もちろん底に一枚ゴムの本底を付けるのですが、履いた時の感じや歩きやすさを考えると
本底の上にスポンジ素材を入れてヒール部分も少し高くしてクッション性を持たせた方が履きやすいし
見た感じもスニーカーっぽいのでは?と提案
で、仕上がった靴がこちら。↓

IMG_1649.JPGIMG_1650.JPG

ナイキのコルテッツ風に仕上がりました!!
かなり格好いい仕上がりになりました。
やはり底に一枚ゴムを付けるだけの仕上がりではなく、ここまで手をかけて仕上げた甲斐があったように思います。
他にもいろいろと補修した方が良い場所がありましたが、今回は時間もなかったのでソール張り替えしかできませんでした。
まあ、あとは彼女も現役の職人さんなので、これからできる範囲で修理すると言う事になりました。
もちろんソール張り替えはすべて彼女が仕上げました。素晴らしい(*^_^*)
ちなみに初めについていたソールはこちら↓

IMG_1651.JPG

 

剥がす前の靴の写真は・・・・撮り忘れてしまったので、剥がした後の底材料の写真ですが(^_^;)。
これでまた思いでの靴が復活しました(*^_^*)

もし、かなり傷んでいるけど思い出があるので復活させてまた履きたいと思うような靴があれば
いつでもご相談ください。
思いつく限りのご提案はさせていただきます。

明日からもまた頑張るぞー!!

 

ヴィンテージスチール

DSC03463.JPG DSC03465.JPG

最近とてもつける人が多いヴィンテージスチール。
つま先の補強では最強ではないでしょうか。
スチールですからそりゃ減りませんよ。
しかも, ずいぶん雰囲気変わりますよね。
ダブルソールの革底などのソールは底自体が固くなるので
つま先がめちゃめちゃ減りやすいのでヴィンテージスチールを付けることで
かなりの補強になると思います。

※あまり履きすぎてしまっている靴では、付ける前に一度お直し(別途料金)が必要になる場合
もしくは状態によっては取付できない場合もございますのでご了承ください。

WESCO ウエスコ オールソール交換

DSC03441.JPG

上写真修理前のwesco です。
ビブラム#100番ソール #100番ヒールです。
このゴム、めちゃくちゃ丈夫です。
仕上げるときに機械で綺麗に仕上げるのですが、
あまりにゴムが丈夫なので、強引に削ると店内が煙で真っ白になります(笑)。
本当にどこからか出火してるんじゃないかと勘違いするくらい(^_^;)。
それくらい丈夫なゴムです。
そんな丈夫なゴムもやはり消耗品ですね。
今回はヒールだけではなく、ソールも交換するオールソール交換です。


DSC03477.JPG

さすがウエスコです。格好いいですわ~(*^_^*)。

靴の寿命は履き方とお手入れ次第ですが、
相当長く履けるブーツであることは間違いありませんね。
流石です!!
僕もほしいのですがちょいと高くて買えません(^_^;)。
いつの日か、僕も買うぞー!!!!

リニューアル!!

004.JPG

昨年末、無事に改装工事を終えてだいぶ片付いてきました。
写真は工事が終わって機械を入れたのみの画像なので
それ以外は何もありません。
まだ少し片付けの必要な所が残っていますが、それは少しずつ整理します。

今回の改装で、自宅作業場に置いてあったミシンと
革に厚さを加工する革漉き機を入れました。
今までは、店内で下ごしらえをして自宅作業場でミシンかけ・・という、
まあ、何とも手間暇のかかる作業をしていたのですが、機械を店内に設置できたので
あっちこっちで作業していたことが店内でできるようになりました。
これで、今まで多めにいただいていた納期もすこしは短縮できるかな・・・。
ただ、お客様スペースが今までよりも狭くなってしまいました。すいません。
すこしご迷惑をかけてしまうところもあるかもしれませんが、
お仕事で埋め合わせをさせていただきます !(^^)!
明日からまた頑張るぞ~!!

 


 

1  2  3  4  5  6  7